ケータリングで楽しむパーティー紹介 思い出の地で同窓会

同窓会にもケータリングがオススメ

同窓会にもケータリングがオススメ

最近、密かなブームでもある同窓会。年齢によっても同窓会の形式もさまざまですが、久しぶりに旧友と会うのは楽しいものです。1人で幹事をするよりも、何名か募って行った方が連絡の輪が広がり、参加人数にも期待が持てます。

また、居酒屋などで簡単に済ませてしまうよりも、母校の会議室などを借りて、ケータリング料理などを楽しむのもオススメです。会費もしっかりと定めておきましょう。その会費の中には、飲食代のほかに、招待状を出すための印刷代やハガキ代。ゲームを行うのでしたら景品やゲームの小道具代なども考え1人あたりの参加費を算出し、赤字のならないようにしなくてはなりません。同窓会1つするのにも準備が大変です。また後片付けの負担も考えると気が思いかとも思います。そのお手伝いをしてくれるのがケータリングなんです。どこかで「楽」な部分を使いましょう。

ケータリングの幅広い価格と料理を知る

ケータリングの幅広い価格と料理を知る

子育ての世代になると、中々同窓会を開催しようとしても集まりにくいのが現状です。しかし、子供参加可能な同窓会を開くのも悪くはないと思います。ケータリング料理として定番のイタリアンには、子供の大好きなメニューが豊富です。例えば、チキンやピラフ。ミニケーキなどがあります。そこにゲームなどをプラスすれば、子供も飽きずに楽しめるでしょう。

また、軽食程度のケータリングでしたら¥2,000ほどの会費でも楽しむことができます。家計に負担をかけない同窓会もできると思います。飲むことが好きな同窓会でしたら、飲み放題のできるケータリング業者をセレクトしましょう、遠方から来る友人のために、宿泊施設に隣接した会場をセレクトし同窓会をするのも良いと思います。ケータリング業者の中では、会場やホテルなどを紹介してくれるところもあるので、多いに活用しましょう。

盛り上げるアイテムもリースできる!

ただ飲むだけの、同窓会よりも、思い出のゲームや歌なんかを歌うことをオススメします。それだけで、同窓会が盛り上がること間違いなしです。さらに、大きなスクリーンで先生あてへのメッセージを流したり、思い出の映像を流したりするのもオススメです。

また、パーティーの定番でもあるビンゴ大会なんかを加えてもよいでしょう。そんな盛り上げるための小道具の準備って案外大変です。買う人はいないと思いますが、プロジェクターや、ビンゴマシンなども、ケータリング業者でリースが可能です。つまり、料理の注文と同時にアイテムも同時に注文ができるので、準備力が削減されると言うことです。もちろん、当日の搬入も、料理と一緒にケータリング業者が行ってくれます。後片付けの引き上げもしてくれますのでとっても便利だと思います。

  • お花見ケータリング
  • PTA必見の懇親会
  • アットホームな二次会
  • 社員総会を盛り上げろ
  • 慰労会、どうしてる?
  • 思い出の地で同窓会